の歯医者「」の口腔外科紹介ページです。親知らずの抜歯、顎関節症、口腔粘膜疾患、のう胞・腫瘍など、お口の中の疾患を多岐に渡って診療しています。" /> ,虫歯,歯周病,口腔外科," /> " /> 口腔外科|<? include("inc/erea.inc"); ?>の歯医者なら、<? include("inc/clinic_name.inc"); ?>
 
口腔外科

顎・顔面の痛み、親知らず、できものなど、多岐に渡って診療いたします。
イメージ画像

「口腔外科」とは文字通り、口腔(お口の中)の外科処置を行う科目です。
歯科医院では、虫歯や歯周病の治療だけでなく、お口の中の様々な疾患に対応しています。「歯は痛くないけれど、口の中に違和感がある」「親知らずが気になる」「顎が開かない」という方は、ご相談ください。
当院の院長・副院長は口腔外科出身であるため、大学病院で治療を行うような難しい抜歯や、口腔内の様々な病気の治療も行っています。
また、口腔外科は、心臓病、糖尿病など全身疾患をかかえられた患者様の歯科治療を、安全に行う役割を担っています。持病があって歯科治療が心配な方も是非一度ご相談ください。

口腔外科の診療内容

「口腔外科」とは、耳慣れない言葉かもしれませんが、下記のような様々な治療を行っております。

親知らずの抜歯
イメージ画像他の永久歯は通常13歳前後までに生え揃いますが、それからかなり遅れて、親知らずは20歳前後に生えてきます。綺麗に生えていれば無理に抜歯する必要はありませんが、まっすぐ生えることは珍しく、斜めに生えたり、真横に生えたりしてしまうことが多いです。傾いて生えた親知らずは、他の歯を圧迫して歯並びを乱したり、歯ブラシが届きにくく不潔になりやすかったりするなど、様々な悪影響をもたらします。
顎関節症
イメージ画像口を開けるときに痛みが伴う、口が開かなくなる、食事をする時に顎が鳴るという症状がある場合は、顎関節症かもしれません。原因も人によって異なり、歯ぎしり・頬杖・姿勢が悪い・精神的ストレスなど、様々な可能性が考えられます。
軽度であれば自然に治癒することもありますが、放置してしまうと、突然激痛が走ったり、肩こりや頭痛など全身の健康に影響したりします。悪化してしまう前にご相談ください。
口腔粘膜疾患
イメージ画像口腔粘膜とは、舌、歯肉、頬の内側など口の中を覆う粘膜のことを指します。この粘膜に発生する病気を総称して口腔粘膜疾患とよんでいます。口内炎や、口の中の違和感でお悩みの方は、お気軽にご来院ください。痛い口内炎もレーザー治療で早期に治癒します。
のう胞・腫瘍
イメージ画像お口の中の細菌などが原因で、口の中や顎の骨に袋状のものができる病気をのう胞といいます。口の中にできものができて気になっている場合は、早めにご来院ください。大きさやできた場所によって治療の流れは異なりますので、治療を始める前に十分に説明をさせていただきます。
炎症・外傷
イメージ画像歯垢・歯石・傷が原因で歯肉が炎症を起こしてしまった場合、あるいはスポーツ時の転倒や事故などで、歯が欠けてしまった・抜けてしまった、顎の骨を骨折してしまった場合も、口腔外科で治療を行います。
万が一歯が抜けてしまったら、抜けた歯を牛乳に漬けて、乾燥させないようにしてお持ちください。このような緊急の場合は、ご来院前に必ずお電話をください。
このページの先頭へ